蜂の子の効能とは

画像の説明

蜂の子の効能の代表的なものとしては、難聴や耳鳴りの解消、良質な睡眠、老化の防止などがあげられます。

難聴や耳鳴り

蜂の子といえば、難聴や耳鳴りなど、耳の不調の改善がよく取り上げられます。
全ての難聴や耳鳴りに効果的!というわけではありませんが、血行不良や慢性的なストレスが原因の場合は改善効果が期待できます。
蜂の子にはセレンや亜鉛といったミネラル分が含まれています。
加えてアルギニンなどのアミノ酸が働くことで、ドロドロとした血液が改善され、血行がよくなるのです。
血流がよくなることで、血行不良が招く耳の不調は快方へ向かいます。
また蜂の子には「トリプトファン」というアミノ酸が含まれており、トリプトファンはセロトニンの材料になると考えられています。
セロトニンアは重要な神経伝達物質であり、自律神経を整えてくれる役割があります。
そして自律神経が乱れていると精神が不安定になり、ストレスを抱えやすくなるのです。
自律神経が整えば過度な苛立ちやストレスは感じにくくなるので、ストレスが原因の耳の不調に効果的というわけです。

良質な睡眠

前述の通り、蜂の子には自律神経を整える効能があります。
自律神経が乱れていると心身の興奮が続くので、夜になっても睡眠モードに入りづらくなってしまいます。
結果十分な睡眠がとれなかったり、眠りが浅く良質な睡眠がとれなくなるのです。
セロトニンが分泌されることで気持ちが落ち着けば、昂ぶりは抑えられ、夜になると眠くなる通常のサイクルを取り戻せます。
眠りも比較的深くなるので、よく眠ることで、ストレスの発散にもなるでしょう。

老化の防止

蜂の子には、必須アミノ酸9種類も含めて、豊富なアミノ酸が含まれています。
人の体の多くはタンパク質で出来ていますが、このタンパク質の素こそアミノ酸なのです。
複数あるアミノ酸が、たくさんの組み合わせで結びつくことで、様々な種類のタンパク質が形成されるのです。
体の素が多く摂取されれば、体力が増え、体の機能も活発になります。
脳や内臓機能の働きも強くなるため、体が衰えにくくなり、内面外面どちらの若々しさも保てるようになると期待されているのです。