蜂の子を使ったご飯料理とは

画像の説明

素揚げや甘露煮などが有名な蜂の子ですが、ご飯を使った料理もたくさん考案され、親しまれています。
蜂の子のご飯料理の一例を見てみましょう。

調理する際の注意として、蜂の子はとても柔らかく、潰れやすいという点があげられます。
ですので本格的な調理に入る前に、蜂の子を炒める、もしくは素揚げにするといった下準備が必要になります。
炒める場合は、フライパンでサラダ油を熱し、そこに蜂の子を投入します。
箸や木ベラで蜂の子を混ぜようとすると潰れてしまうので、フライパンのみを使ってコロコロと転がし、表面全体が固くなるまで焼き目を付けてください。
素揚げの場合は熱したサラダ油に蜂の子を入れ、全体がカリッと香ばしくなるまで揚げ、油をきっておきます。
これで下準備は完了です。

炊き込みご飯

一般的な炊き込みご飯の具材に、下準備をした蜂の子を加えるだけです。
カットした野菜やキノコ類などの具材と、お米、だし汁に調味料、蜂の子をおかまに入れ、よく混ぜ合わせます。
炊飯器のスイッチを押して作業工程は終了です。
後は炊飯器がご飯を炊き上げてくれます。
味もしっかりつきますし、他の具材もたくさん入っているので、がっつり蜂の子を味わいたいという方には物足りないかもしれません。
しかし初心者の方や、見た目は苦手だけど、健康のために蜂の子を食べたい!という方にはピッタリのお料理だと思います。

すがり飯

お醤油と砂糖(もしくはみりん)を火にかけ、クツクツと煮立たせます。
そこに蜂の子を加え、味が濃く、しっかりと染みるにように煮ていきます。
醤油や砂糖は非常に焦げやすいので注意してください。
蜂の子がしっかりと煮詰まったら火からおろします。
煮詰まった蜂の子と煮汁を、炊いたご飯に乗せ、味が偏らないようにしっかりと混ぜ合わせていきます。
これで「すがり飯」の完成です。

チャーハン

こちらもとっても簡単な料理です。
具材を炒め、ご飯を炒め、味を付け、後はお皿に移すだけ…という段階のチャーハンに、蜂の子を投入してさっと混ぜ合わせるだけです。
上記の醤油と砂糖で煮しめた蜂の子を利用すれば、味のアクセントにもなりますよ。