蜂の子とローヤルゼリーの生成方法を比較

画像の説明

蜂の子とローヤルゼリーの生成方法を比較すると、蜂の子は「生け捕り」。
ローヤルゼリーは「ミツバチが分泌する」という違いが出ます。

蜂の子

蜂の子の原料は字の通り「蜂の幼虫」、そして「サナギ」です。
生命は人工的に作り出せるものではないので、蜂が巣を作って幼虫を育てるのを待ち、幼虫やサナギを採ることになります。
まず巣の外に出た成虫の蜂を追跡して、巣の場所を確認します。
それから煙幕を炊いて蜂の巣をいぶすのです。
すると蜂は仮死状態となり攻撃できなくなるので、その隙に巣を採取します。
その後ピンセットなどを使い、幼虫やサナギを一匹ずつ巣穴から取り出していきます。
巣穴は膜で蓋がされているので、一枚ずつ膜を破る必要があります。
採取された蜂の子は料理として提供されたり、粉末にしてサプリメントのカプセル剤に入れられたりします。
しかし「蜂の子」自体は人工的なものではないので、蜂の子の生成は「蜂」によって行われているといえます。

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーの原料になるのは「花粉」「花の蜜」、そして「蜂の分泌物」です。
働き蜂は花粉や蜜を収集し、巣に持ち帰ります。
すると巣で待ち構えていた若い働き蜂がそれらを食べ、自分の体の中と取り入れるのです。
体内で花粉や蜜にタンパク成分や脂肪酸を合成し、ローヤルゼリーを生成します。
合成後のローヤルゼリーは唾液腺を通って体外へと排出されます。
これが乳白色でクリーム状の「生ローヤルゼリー」です。
ローヤルゼリーは蜂の巣の中でも「王台」とよばれるスペースに貯められるので、この王台からゼリーを採取することになります。
養蜂場では、人工の王台を設置することで、通常より多くゼリーを摂取する方法がとられています。
王台は女王蜂の幼虫が育てられるスペースなので、王台を設置して蜂の幼虫を住まわせておくと、蜂たちはローヤルゼリーを作って王台に貯めていくのです。
ローヤルゼリーも採取後に加工や成分調整が行われますが、ゼリー自体は人工的に作ることができません。
ですからローヤルゼリーを生成しているのも「蜂」だといえます。