蜂の子の定番レシピはこれ

画像の説明

蜂の子を利用した料理の中でも、定番やその土地の料理として、長く親しまれているものがいくつもあります。
蜂の子を使った定番レシピを見てみましょう。

ど定番!つくだ煮

缶詰などでも販売されている蜂の子のつくだ煮は、定番中の定番です。
蜂の子料理といえばつくだ煮を連想する方も少なくないでしょう。
甘辛く多くの人に愛される味であり、おかずとしてだけでなく、オニギリや酒のあて、おやつにもなる万能料理です。

まず煮詰める前に、蜂の子を炒っていきます。
フライパンに油を引き、焦げないように気を付けながら、表面がカリカリになるまで火を通します。
蜂の子は簡単に形が崩れてしまうので、最初は箸などは使わずに、フライパンを揺らしながら炒めていきましょう。
蜂の子に固さが出てきたら箸を使っても大丈夫です。
炒めた蜂の子を一旦別の器に移したら、醤油・みりん・酒・ハチミツをフライパンに入れて加熱します。
調味料が煮立ったら、蜂の子をフライパンに戻し、調味料と絡めながら煮ていきます。
好みの濃さまで煮詰めたら完成です。

土地で愛される味、すがり飯

信州方面の郷土料理として長く親しまれているのが、このすがり飯。
少し変わった名前ですが、お料理としては「混ぜご飯」の一種なんです。
シンプルな味付けなので、蜂の子とご飯の味をしっかりと味わうことができます。

まずはつくだ煮と同じ様に、蜂の子を炒めておきます。
または素揚げにしておくといいでしょう。
お醤油と砂糖を鍋に入れて火にかけます。
調味料が煮立ったタイミングで蜂の子を加え、そのまま多少水気が残るようにクツクツと煮ていきます。
蜂の子に味が染みたら、別に用意した白米に、蜂の子と調味料をそのままかけてください。
後は煮汁や蜂の子の配分が均等になるように混ぜ合わせれば、すがり飯の完成です。

シンプルで簡単な素揚げ

こちらも定番「蜂の子の素揚げ」。
余計な味付けはしないので、蜂の子そのものの味を堪能することができます。
調理が簡単で時間もかからないので、蜂の子が手に入れば、数分程度で出来上がります。

作り方は蜂の子を油で揚げるのみです。
カラッと揚げて油を斬れば完成。
小麦粉や片栗粉をまぶしてから揚げると、サクサクとしたよりよい食感を得られます。
お好みで塩などを振りかけて召し上がってください。