蜂の子の炊き込みごはんや混ぜご飯

画像の説明

蜂の子には色々な食べ方がありますが、炊き込みご飯など、お米と一緒に食べる料理もあります。
蜂の子にはどんなご飯料理があるのか、ご紹介します。

炊き込みご飯

まず下準備として、蜂の子を事前に炒めておきます。
蜂の子は軟らかくて潰れやすいので、フライパンに油を引いて、表面が固さをもつまで丁寧に炒めていきます。
このとき菜箸やヘラを使って蜂の子をかき混ぜてしまうと、ぐしゃぐしゃに潰れてしまうので注意してください。
フライパンを前後に揺らして、蜂の子をコロコロと転がすように炒めましょう。
蜂の子に火を通してしまえば、後は普通の炊き込みご飯を作るのと、ほとんど違いはありません。
人参や椎茸、ヒジキ、筍など、お好みの具材を食べやすい大きさに切り分けます。
それからお米と出汁、調味料、具材、そして蜂の子を炊飯器に投入し、後はスイッチを入れて炊きあがりを待つだけです。
他の具材も入っていますし、全体にしっかりと色が入るので、蜂の子の見た目の存在感はかなり薄いものになります。
蜂の子を始めて食べる、食べてみたいけど見た目が苦手…という方でも、手を付けやすいお料理ではないかと思います。
岐阜県の一部地域では、黒スズメバチの蜂の子を使った「へぼ飯」という炊き込みご飯が、名物として親しまれています。

混ぜご飯

炊き込みご飯は岐阜県でしたが、こちらの混ぜご飯は長野県で親しまれている一品です。
作り方はとても簡単で、炊いたご飯と蜂の子を混ぜ合わせるだけ。
ただ蜂の子は、生のままだと、やはり混ぜるときに潰れてしまいます。
炊き込みご飯のときと同じように、事前にフライパンで炒めておくか、もしくは素揚げにしておくと形が崩れなくていいでしょう。
炊き込みご飯より工程が少なく、とても簡単な料理なので、お米と蜂の子があればすぐに作ることができます。
シンプルな分、ダイレクトに蜂の子を堪能することができるので、蜂の子そのものの味を味わいたいという方にお勧めです。
お米を出汁で炊いてから蜂の子を混ぜれば、即席の炊き込みご飯風に楽しむこともできますよ。